オーストラリアの道路

日本では特に意識しないで道路を歩いたり信号を使ったりしていますが、海外オーストラリアの信号機や道路の仕組みはどうなのでしょうか。日本と同じ左側通行で知られるオーストラリアですが、まったく同じというわけではありません。また、オーストラリアは、各州によって色々な交通ルールの違いがあります。普段の暮らしの中で気づいた基本的な違いから、車を運転するときには絶対気をつけて欲しい道路の違いなど、オーストラリアの交通ルールについて紹介します。

オーストラリアの道路

横断歩道

オーストラリアの主要都市などでは比較的信号機が付いている横断歩道が多いのですが、少し郊外にでると、信号機の付いていない横断歩道も多く見かけます。歩行者用に標識の立てられた信号機のない横断歩道では歩行者が付近にいた場合、車は必ず止まらなければいけません。そういった横断歩道では歩行者が優先ですが、横断歩道のない道路や交差点では歩行者がいても車は止まってくれません。車優先の意識が強いので、信号機や横断歩道のない道路を渡るときには十分注意しましょう。

ラウンドアバウト

オーストラリアの道路で特徴的な仕組みになっているのが、ラウンドアバウトと呼ばれるロータリーです。ラウンドアバウトでは、常に時計回りに進まなくてはいけません。また、ラウンドアバウトは常に右側優先で、右側から来る車に対して先にラウンドアバウ内に入っている車がいた場合その車を優先させます。ラウンドアバウトの大きさは反対側が簡単に確認できるものから、ラウンドアバウトなのかどうかわかりにくいくらいの大きなものもありますが、前方にラウンドアバウトがある場合にはその前にロータリーがあることを示す標識が立てられています。

オーストラリアの道路標識

動物注意

オーストラリアの道路にはカンガルーの絵がかかれた動物注意の道路標識をよく見かけます。この標識は、動物が飛び出してくるため注意するように、という意味とその周辺にはこの動物が生息しているという意味があります。しかし、カンガルーは思ったよりも大きな動物で早いスピードで道路に飛び出してくることもあります。大きなジコにつながる可能性もありますので、車を運転する際には気をつけなければいけません。

乗車人数

日本では見かけることのないオーストラリアの道路標識で「P2」「P3」などとかかれたものがあります。この「P」は「パッセンジャー」をあらわしていて、P2の場合車に2人以上乗っていれば、そのレーンを走っても良いということになります。時間帯によってP2やP3になっている場合もあります。ワーキングホリデー中には車を運転する機会があることもありますので、標識をしっかり確認しましょう。

オーストラリアの信号機

歩行者用信号機

オーストラリアでは、歩行者用の信号機が自動的に青になることはありません。歩行者用の信号機には、押しボタンがついていて、それを押しておかなければたとえ同じ方向の車用の信号機が青になっても歩行者用の信号は青になりません。押しボタンからはプップップという小さなしていますが、この音は押しボタンを押しても止まりません。歩行者用信号機は思ったより赤に変わるのが早いため、青になったら急いで道路を渡りましょう。

車用信号機

オーストラリアの車用信号機には、青と赤の矢印が表示されるものが多くあります。この矢印は右折車両のための信号機で、矢印が付いている信号機では右折車両は矢印の信号機に従って進みます。直進・左折車両の信号が青になっていても赤の矢印が出ていた場合、右折車両は日本の場合と違い前進せずに停止線の手前で止まって今ければいけません。また、直進や左折車両が赤でも矢印が青になっていれば、右折車両は進むことができます。慣れないうちは、赤の矢印が出ていても信号が青だと道路の真ん中まで進んでしまう人も多いので注意しましょう。

 
オーストラリア体験談
ファームステイ体験談
仕事探し体験談
ピッキング体験談
学校探し体験談
オーストラリア渡航前の準備
ワーキングホリデービザ
ビザの取得方法
オーストラリアのビザの種類
生活必需品
海外旅行保険
オーストラリア渡航後の準備
住まい
学校
お金の管理
オーストラリアの銀行
身分証明書
オーストラリアの常識・非常識
ラウンド
オーストラリアの交通機関
オーストラリアの道路
オーストラリアの都市
オーストラリアの物価
食べ物