主要都市について

オーストラリアに行きたいけど、まだどこに行くか決まっていないという人もいるでしょう。オーストラリアの主要都市について説明します。参考にどうぞ。

主要都市の特徴

ケアンズ

ケアンズは、熱帯地域のため一年中暖かく過ごしやすいことで日本人観光客からも人気がある場所です。ワーキングホリデーでケアンズ空港に入る人もたくさんいますし、ラウンドしている人のほとんどがこの街に立ち寄るというほど人気の高い町ですが、街の中心地区は歩いて周ることが出来る広さの比較的小さめの都市です。ワーホリで訪れる日本人が多いため、語学学校やエージェントなども日本人が多いのが特徴です。その反面、日本人観光客向けの仕事やピッキングの仕事も多く、ワーホリで英語に自信がなくても仕事が見つけやすい場所ともいえます。

ブリスベン

QLDの州とだけあってオーストラリアで3番目に大きい街ブリスベンには、色々な企業がたくさん集まっています。観光地というよりは、ビジネス街と繁華街が交じり合ったような雰囲気があり、病院や美術館などの設備も充実しています。そのため、ブリスベンで仕事を探す場合には、それなりの英語力がない場合就労先を見つけるまでに時間がかかることもあり、英語力に自信がない場合はキッチンハンドやジャパレスで働く人が多いようです。また、語学学校を初め大学やTAFEなどの学校も多くあります。ワーホリで語学学校に通った後、学生ビザを取り直して大学やTAFEに進学する人も多いようです。

ゴールドコースト

多くの日本人が毎年観光やワーホリで訪れるゴールドコーストは、海岸沿いのリゾート観光地としても世界中から注目の集まっている場所です。また、オーストラリアの中でもサーファーが多く集まるゴールドコーストには、サーフィンを楽しみながらワーキングホリデーを過ごそうと毎年たくさんのサーファーがやってきます。日本人を初めとする観光客の他に過ごしやすい気候から、永住や別荘地として住む人も多く、日本人向けの仕事も沢山あります。一見海のイメージが強いゴールドコーストですが、内陸には国立公園もあり、ブリスベンにも短時間でいける距離にあるというのが人気のポイントかもしれません。

シドニー

オーストラリアで最も大きく、最も日本人が多いのがシドニーです。企業などの外国人駐在員が多く住んでいるため、病院や学校レストランなど生活するうえでの設備がかなりしっかりと整っています。他の都市に比べても大変大きな町のため、地域ごとに雰囲気が違い、ショッピングをする繁華街やのんびりとした公園、ビーチなど飽きることなく過ごすことができるかもしれません。しかし、人が多く集まる大都市のためオーストラリアの中でも物価が高く、レント代や食費にかかる経費は日本で生活するのとあまり変わりません。

メルボルン

路面電車(メトロ)が走っていることでも知られているメルボルンは、街並みの美しさからラウンド中には必ずいてみたい街としても人気があります。また、メルボルンには世界的にも有名な名門校が幾つもあり、世界中からたくさんの学生が集まっています。24時間営業の店もあり、飲食店などの仕事も比較的見つけやすいことから、語学学校なども含めた留学生には大変生活しやすいのが特徴です。

パース

オーストラリアの西海岸にあるパースは世界の中で最も美しい街とも言われています。ビーチや街並みはのんびりとした南国模様で、湿度も低いため一年を通して過ごしやすい気候といえます。街の中心地域はあまり大きくありませんが、海外からの移住者も多くチャイナタウンやアジアンショップなども充実しています。街中にはたくさんのカフェが並んでいるため、積極的に英語を話せるようになればオシャレなカフェやレストランでの仕事も見つけることができます。

これら以外にも多数の都市はありますが、有名どころは上記の都市くらいだと思います。

 
オーストラリア体験談
ファームステイ体験談
仕事探し体験談
ピッキング体験談
学校探し体験談
オーストラリア渡航前の準備
ワーキングホリデービザ
ビザの取得方法
オーストラリアのビザの種類
生活必需品
海外旅行保険
オーストラリア渡航後の準備
住まい
学校
お金の管理
オーストラリアの銀行
身分証明書
オーストラリアの常識・非常識
ラウンド
オーストラリアの交通機関
オーストラリアの道路
オーストラリアの都市
オーストラリアの物価
食べ物