オーストラリアの生活準備

日本との時差は少ないけれど季節がまったく逆のオーストラリアでの生活には、今まで経験したことのないような出会いやチャンスがたくさんまっていることでしょう。長期間のワーキングホリデー生活のために、事前に必要な準備やそろえておいたほうが良いものなどを早めにしっかりチェックしておきましょう。準備をしていく中で、ワーキングホリデーで自分がやってみたいことが見えてくるかもしれません。準備をしながらオーストラリアに滞在中の計画を立てるのも楽しいですよね。

ワーキングホリデーへ行くために必要なもの

パスポート

日本国の国籍を持っている人が海外へ行くためには、絶対必要なものです。ワーキングホリデービザの申請にも必要になってくる重要なものです。パスポートは申請してから1週間程度で取得することが出来ますが、申請のためには戸籍謄本(もしくは抄本)や写真申請料金などが必要です。また、ワーキングホリデーでオーストラリアに滞在中パスポートの期限が切れてしまう、という人も申請する必要があります。

ビザ

ワーキングホリデー制度を利用してオーストラリアへ行くためには、オーストラリア政府が発給している「ワーキングホリデー・ビザ」が必要になります。ワーキングホリデービザの申請はインターネットを使ってオンラインで行うことが出来ます。また、ワーキングホリデービザには申請には条件がありますので、申請条件に当てはまるかどうか事前に確認しておきましょう。

>>オーストラリアのビザの種類

>>ワーキングホリデービザについて

>>ワーホリビザの取得方法

航空券

ワーキングホリデーへ行くために必要な航空券には、往復航空券と、片道航空券だけを日本で購入する場合があります。往復航空券には、滞在期間に合わせて日付を変更することが出来るオープンチケットや出発前に帰りの日にちを決定しておくフィックスチケットがあります。片道の場合、日にちや空港を現地で決めてチケットをオーストラリアで購入するので、ワーホリ終了後、他の国へ旅行したいという人などにおススメです。

資金

以前はワーキングホリデービザの申請時に、ワーキングホリデーでオーストラリアに滞在中十分な資金があることを証明する残高証明の提示をする必要がなくなりました。しかし、ビザ申請に必要な誓約として帰国航空券代と5000ドル以上の預金があることに同意しなければいけません。滞在中に就労することが出来ますが、すぐに仕事が見つからない場合もありますので、必要な資金の他に1ヶ月程度の生活資金を上乗せして準備することをおススメします。

行く前の準備

場所選び

日本の20倍以上の広さを持つオーストラリアでは、場所によって気候や物価もかなり違っています。各州によって違う法規などもありますが、同じ州のなかでも街によっては北海道と沖縄のような違いがあることもあります。また、町によっては日本人がたくさんいるところや学校の数が少ない所、海が近い所など色々な特徴があります。季節によってもオーストラリアの生活に慣れるまでの間滞在する場所やいってみたい場所について調べておくことをおススメします。語学学校などに行きたい人は、そういった情報も集めておくと良いでしょう。

服装

広大な面積を持つオーストラリアの気候は蒸し暑い亜熱帯から日本の気候にも近い温帯気候のちいきまで様々です。そのため場所にもよりますが、オーストラリアでも冬はかなり冷え込むところが多くあります。日本人の多いケアンズなどは他の所に比べ湿度がありますが、シドニーなどで空気が乾燥しているため、気温だけ見ると意外と高いのですが足元から冷え込むというところもあります。冬場でも建物内は冷房がかかっており寒いことも多いので、長袖の服装を用意して置くのがおススメです。

日用品

現地でも調達できますが、オーストラリアの日差しは紫外線が強いため帽子やサングラスを用意しておきましょう。また、日本の電化製品を使う場合には変圧器やプラグなどが必要です。大手量販店などでは海外対応の電化製品も扱っていますので、そのまま使えるものもあります。オーストラリアで購入できる電化製品もたくさんありますが、ものによっては日本で購入するよりかなり高くなってしまうものもあります。ラウンドやピッキングなどを初めに予定している人は寝袋を持参するのもおすすめです。

>>生活必需品について

 
オーストラリア体験談
ファームステイ体験談
仕事探し体験談
ピッキング体験談
学校探し体験談
オーストラリア渡航前の準備
ワーキングホリデービザ
ビザの取得方法
オーストラリアのビザの種類
生活必需品
海外旅行保険
オーストラリア渡航後の準備
住まい
学校
お金の管理
オーストラリアの銀行
身分証明書
オーストラリアの常識・非常識
ラウンド
オーストラリアの交通機関
オーストラリアの道路
オーストラリアの都市
オーストラリアの物価
食べ物