お金の管理

日本では自分の銀行口座やクレジットカードを使ってお金の管理をしている人が多いと思います。しかし、オーストラリアに滞在中でも日本で作ったクレジットカードは使えるのでしょうか? また、必要なお金や働いてもらった給料は、オーストラリアの銀行口座がないと受け取ることが出来ないのでしょうか? 日本からの送金方法や給料にかかっていた税金を払い戻す「タックスリターン」などについて、ワーキングホリデー中のお金の管理について気になるポイントをご紹介します。

送金について

送金システム

日本からオーストラリアにお金を送金する場合、送る側から受け取る側の銀行までの間に数回振込みを繰り返すこともあります。そのため、送金されたお金を受け取るまでに日数の日数と手数料がかかります。オーストラリアの銀行口座への振り込み方がよくわからない場合には、銀行小切手を郵送して受け取った人が自分の銀行口座を持っていって現金化するという方法もあります。

銀行からの送金方法

日本の銀行からオーストラリアへ送金する場合、「電信送金」と「銀行小切手」を使った方法を選択することができます。電信送金の場合、オーストラリアに送金された後、通知払いもしくは請求払いで受け取ることが出来ます。銀行小切手を利用して送金した場合には、郵送による受領方法のみになります。電子送金に比べ小切手による送金のほうが手数料は若干安いのですが、郵送のため受け取りまでに時間がかかるのが特徴です。

郵便局からの送金方法

郵便局を利用して日本からオーストラリアに送金する場合には、「国際郵便為替」というものが使われます。国際郵便為替は郵送される方法と、郵便局で受取人が直接受け取る方法があります。郵便局で直接受け取るためには事前に連絡が必要で送金にあわせて郵便局へ行く必要があります。また、郵便小為替は手数料が送金される金額によって1000ドルまでの郵便為替一枚につき3ドルと決まっているのでわかりやすく利用しやすいのが特徴です。

クレジットカード

クレジットカードを利用する

日本で作ったクレジットカードでもVISAやMasterなど世界的に提携しているクレジット会社のものは日本と同じように利用できます。クレジットカードを利用することでカードについている保証機能を利用することも出来ます。しかし、日本で作ったクレジットカードの場合、引き落とし先が日本の銀行口座になっているため利用した金額はオーストラリアドルから日本円へクレジット会社の設定したレートにあわせて換算されます。利用した日のレートで請求される場合や、引き落とし日のレートに合わせて換算される場合などがあります。

クレジットカードによる現金の引き出し

クレジットカードを使ってオーストラリアのATMから現金を引き出す場合、クレジットカードのキャッシングサービスを利用することになります。オーストラリアで引き出した現金は、オーストラリアドルで受け取ることが出来ますが、請求時にはオーストラリアドルから日本円に換算された金額と利子の他にATMを領した場合の利用手数料が加算されます。そのため長期滞在の場合にキャッシングを利用すると返済金額がわかりにくくなる場合もあります。

TAXリターン

所得税の仕組み

タックス・リターンを申請すると、給料から支払った所得税のうち払いすぎたと認められる分が返還されます。オーストラリアの所得税は、居住者と非居住者で税率が変わっています。ワーキングホリデービザで滞在している人の場合、居住者と認められる183日以上オーストラリアに滞在していてもオーストラリア国内のみの所得が課税対象となるため非居住者扱いになります。しかし、学生やビジネスビザで滞在している人のうち183日以上滞在している場合には居住者扱いとなり、国内外の所得に対して低い税率で課税されます。

TAXリターンの仕組み

一年間に支払った税金のうち払いすぎた分の所得税を返還してもらうための「タックス・リターン」は、通常毎年6月〜10月の間に行います。ワーキングホリデーメーカーや学生でも、働いて給料をもらっていれば、TAXリターンの申告することが出来ます。しかし、職種や労働期間などによって支払った所得税が違います。ワーキングホリデーの場合、設定されている税率が高いため申告すると逆に不足分がある場合もあります。

TAXリターンの申請方法

タックス・リターンの申請は、申告時期が近くなると郵便局や税務署などでもらい絵ウ「Tax Pack」についています。申告には申告書に必要事項を記入し、申告時に必要とされる明細書などが必要になります。申請前に、一年間の収入を証明するための給料明細・銀行の預金利息が記載された明細書などと、仕事をする際に必要になった電話代・ユニフォーム代・銀行手数料・個人的な保険料などの必要経費を証明する書類を準備しておきましょう。タックス・リターンは個人でも申請できますが、ワーキングホリデーの人の場合には自分の収入に対してどのくらい税金を支払ってあるのかなど、専門の「タックス・エージェント」に相談するのがおススメです。

 
オーストラリア体験談
ファームステイ体験談
仕事探し体験談
ピッキング体験談
学校探し体験談
オーストラリア渡航前の準備
ワーキングホリデービザ
ビザの取得方法
オーストラリアのビザの種類
生活必需品
海外旅行保険
オーストラリア渡航後の準備
住まい
学校
お金の管理
オーストラリアの銀行
身分証明書
オーストラリアの常識・非常識
ラウンド
オーストラリアの交通機関
オーストラリアの道路
オーストラリアの都市
オーストラリアの物価
食べ物