オーストラリアの銀行

日本での生活の中でも自分の給料や生活費、携帯料金の支払いなど、銀行口座は頻繁に利用していると思います。同じようにワーキングホリデーや学生のようにオーストラリアに長期滞在する場合、銀行口座を持っていないと何かと不便です。しかし、日本とオーストラリアの銀行では、口座の仕組みやキャッシュカードの使い方には違う点がいくつもあります。日常的の準備として、銀行ATMの使い方や、銀行口座を開設するときの注意点などをよく知って、オーストラリアの銀行を上手に利用してください。

オーストラリアの銀行と口座維持

ワーキングホリデーや学生ビザでオーストラリアに滞在する場合、長期間の滞在費や生活資金を管理するためにも現地で銀行口座を開設することがおすすめです。オーストラリアには、「ニュージーランド・オーストラリア(ANZ)」「ウエストパック(Westpac)」「コモン・ウェルス(Commonwealth)」「ナショナルオーストラリア(National Australia)」Bankなど、一般的に利用されることが多い都市銀行があります。これらの都市銀行で口座を開設しておけば、オーストラリア全土の支店やATMを利用することができるので便利です。また、オーストラリアの銀行では通常、銀行口座を維持するための維持費が毎月数ドルかかり、自動で口座から引き落とされます。残高が口座維持費の引き落とし分に不足している場合、銀行口座を解約しなければならなくなることもありますので注意しましょう。

銀行口座の開設

開設時に必要なもの

銀行口座を開設するためには、パスポートがひつようになります。銀行によっては、オーストラリアに入国して数週間以内に口座を開設した場合、パスポートだけの身分証明でも可能な場合もありますが、パスポートを所持している本人だということを証明するための第二身分証明証(ドライバーズライセンスもしくはクレジットカード等)の提示が必要になることもあります。また、口座の種類によっては、口座開設のための最低預金金額が決められているタイプもあります。

開設方法

自分の開設したいオーストラリアの都市銀行へ行き、新規口座開設を申請します。その際、パスポートと必要であれば、第二身分証明証を提示します。開設したい口座の種類を決めたら、申込書に必要事項を記入してパスワードやPINナンバーを決めます。口座が開設できたら、「バンク・アカウントナンバー」をもらいます。バンクカードは通常一週間程度で、届け先の住所に郵送されてきます。もし、郵送されてくる前に他の地域へ移動する場合には、銀行支店へ直接行ってカードをもらうことも出来ます。

口座からの引きだし

自分の口座から現金を引き出すためには、キャッシュカードを使ってATMを利用するか、銀行の窓口でキャッシュカードを提示して引き出す方法があります。一般的な都市銀行の場合、提携しているATMから24時間年中無休で引き出し・入金などが可能です。ATMの引き出し限度回数以内であればいつ引き出しても手数料はかかりません。しかし、自分の口座以外の銀行ATMを利用した場合には利用手数料がかかります。また、都市部にあるオーストラリアの銀行は、土曜日も窓口が開いている場合もあり、窓口で引き出すことも出来ます。

ATMの使い方

【引き出し】

オーストラリアのATMで現金を引き出したい場合には、初めに引き出しを示す「Withdraw」のボタンを押し、引き出したい金額をいれます。オーストラリアのATMでは、最低20ドルから引き出せますが、20ドル50ドル100ドル札を使った金額しか引き出すことは出来ません。また、初めに表示されている金額以外の金額で引き出しを行う場合には「other Amount」を押してから希望金額をいれます。金額を入れたら、引き出す口座を指定します。普通口座を開設していて、から引き出す場合には普通口座「Saving」を押します。

【入金】

オーストラリアの銀行ATMでも入金やクレジットの決済が出来ますが、日本の入金システムとはかなり異なっています。ATMを利用しての入金は、間違って他のサービスを選択してしまう可能性が高いためできる限り利用しないことをおススメします。どうしても入金しなければならない場合、ATMに備え付けてある入金用の封筒を利用して入金する場合もありますが、利用方法をきちんと確認してから利用するようにしましょう。

 
オーストラリア体験談
ファームステイ体験談
仕事探し体験談
ピッキング体験談
学校探し体験談
オーストラリア渡航前の準備
ワーキングホリデービザ
ビザの取得方法
オーストラリアのビザの種類
生活必需品
海外旅行保険
オーストラリア渡航後の準備
住まい
学校
お金の管理
オーストラリアの銀行
身分証明書
オーストラリアの常識・非常識
ラウンド
オーストラリアの交通機関
オーストラリアの道路
オーストラリアの都市
オーストラリアの物価
食べ物